紅茶キノコの作り方は?株の入手法や危険性

コンブチャクレンズ口コミ調査隊

~コンブチャクレンズの口コミや評判は本物?その効果について試してみました!~
コンブチャクレンズ口コミ調査隊 > 紅茶キノコの作り方は?株の入手法や危険性

紅茶キノコの作り方は?株の入手法や危険性

紅茶キノコは名前の印象から材料に気のキノコが使われていると思われがちですが、実はキノコ類は全く使用していません。
しかも、紅茶キノコは自宅で作ることができ、その作り方は意外と簡単なのです。

基本的な作り方は以下の通りです。

紅茶キノコの作り方

準備するもの

・ガラス瓶(プラスック製や金属製は化学反応を起こすので×)
・ペーパーナプキン
・輪ゴム

材料

・紅茶(ティーバッグ可)1包
・白砂糖 40g
・ミネラルウォーター  500ml
・株          1つ

下準備

・水、ティーバッグ、白砂糖で甘い紅茶を作り、人肌程度まで温度を下げておく。
・ガラス瓶は煮沸消毒しておく。

  • 1.ガラス瓶に紅茶きのこの株を入れる。この時、下に沈殿している液やかけらなどもすべて入れる
  • 2.砂糖がしっかりと溶けた甘い紅茶をゆっくり注ぎ入れる
  • 3.菌と紅茶をよく混ぜる
  • 4.ペーパーナプキンをかぶせて輪ゴムで留める
  • 5.直射日光が当たらない常温の場所に置いて発酵させる

発酵期間は夏場では2~3日、冬場では1週間ほどです。
冬場、発酵が遅い場合は、暖房が当たるところやホットカーペットの上などに置くとよいでしょう。
発酵したかどうかの目安は、最初に入れた株とき別に、表面に薄い透明の膜ができてきて、液の色が薄くなってきたころです。

見た目ではわかりにくい時には、実際に試飲するのがおすすめです。
甘酸っぱい香りとフルーティーな酸味、さらにかすかな炭酸を感じればOK。
もし、まだ紅茶の味がする時や甘いだけの状態の時は、もう少し待ってみましょう。

出来上がった紅茶きのこは、株と原液を残して、残りの液体のみを別の容器に移して冷蔵庫に保存します。
発酵が弱まり、おいしい状態を保つことができます。
そして、残しておいた株と原液にまた甘い紅茶を入れれば、再び発酵が始まります。

作り方は簡単だけど材料が入手困難

このように紅茶きのこの作り方は、材料を混ぜて放っておくだけなので、思ったよりも簡単です。
ただ、株菌に関しては、入手が困難だというデメリットがあります。
日本で販売しているところはほとんどといってもよいくらいありません。海外から個人購入して取り寄せるか、菌を持っている人から譲ってもらうのが一般的です。

また、以前TV番組でも取り上げられていたので、「観た」という人も多いかもしれませんが、問題は衛生面での危険性です。
冬場は気温が低いのでそれほど問題はありませんが、夏場や梅雨時などは、カビか発生しやすくなります。
もちろん、作る前には容器を煮沸消毒するのですが、それでも雑菌が入ったり、カビが発生したりするのです。
容器はキレイでも、株菌を入れる時の道具や手に雑菌がついているとも少なくありません。

以前のブームがいつの間にかなくなってしまったのは、これらの衛生的な面が指摘されるようになってからだと言われています。
そして、そのような心配を払拭したのが、現在人気となっている「コンブチャクレンズ」です。

作る手間や発酵を待つ時間、さらに衛生面の心配もありません。
いつでもおいしく飲める、栄養価が高いコンブチャクレンズなら手軽で安心ですね。

今なら1000円の最安値!気軽に燃焼体質に改善スタート!

コンブチャクレンズ

コンブチャクレンズ
コンブチャクレンズの特徴
  • 女性にうれしい「葉酸+燃焼系ビタミンB群」
  • 乳酸菌配合だから、腸の調子を整えます
  • スーパーフードの栄養素が美容・健康を促進
価格 評価 備考
1,000円 全国送料無料

コンブチャクレンズの総評

コンブチャブームをけん引するヒット商品です。酵母菌にこだわり、新しい燃焼系デトックスを促進してくれます。オーガニック・スーパーフード・ボタニカルも配合で美容にも◎。葉酸も配合され、妊娠・授乳中の女性でも安心です。