コンブチャとは?紅茶きのこと何が違うの?

コンブチャクレンズ口コミ調査隊

~コンブチャクレンズの口コミや評判は本物?その効果について試してみました!~
コンブチャクレンズ口コミ調査隊 > コンブチャとは?紅茶きのこと何が違うの?

コンブチャとは?紅茶きのこと何が違うの?

コンブチャ日本人なら「コンブチャ」と聞いた時に思い浮かべるのは「昆布茶」ですが、ここでご紹介する「コンブチャ」は全く違います。

実はこれは、一時期ダイエットに効果が期待できることから日本でもブームになった「紅茶キノコ」のことなのです。
それが今、「コンブチャ」「コンブカ」と名前を変えて、アメリカで再び大ブームを巻き起こしているのです。

「コンブチャ」と呼ばれている理由は諸説ありますが、韓国では菌のことを「KOM」と呼んでおり、それがそのままの発音でアメリカに伝わり、ブームになったという説が有力です。

コンブチャってどんなもの?

きのこといってもシイタケやしめじのような食用のキノコ類ではなく、コンブチャはモンゴルを原産とする発酵飲料のこと。
緑茶や紅茶などに砂糖とゲル状の菌を加えて2週間ほど発酵させた飲み物です。

この菌の見た目がマッシュルームのように見えることから日本では「紅茶キノコ」と呼ばれていました。
以前の紅茶キノコの時は、見た目もあまりよくなく、味は酸味があり、ちょうどりんご酢に炭酸を加えたようなイメージです。
そのため、「おいしい」というよりは、少し飲みにくいと感じる人のほうが多かったのですが、現在ブームとなっているアメリカでは、フルーツフレーバーをつけて飲みやすくしたものが主流です。

この飲みやすさが以前日本で流行った紅茶きのこは、味もさることながら、見た目に多少の不気味さがあったため、ダイエットに効果が期待できるとわかっていても、なかなか手がだせなかった人も多いようです。
しかし、現在人気となっているコンブチャは大きな違いだといえるでしょう。

なぜ再ブームを起こしているのか?

紅茶キノコが流行ったのは昭和40~50年頃。
当時はダイエット目的に飲む人がほとんどでしたが、今は腸内環境をよくしてダイエット効果が期待ではる飲み物として、テレビや雑誌のメディアで多数取り上げられたことで注目を集めているのです。

さらに人気モデルのミランダ・カーが飲んでいることを明かしたことでさらに人気に火がつき、アメリカでブームを巻き起こしているのです。
それが日本のメディアが紹介したことで、再ブームとなっているというわけです。

コンブチャの入手方法

以前、日本で流行った紅茶きのこは、自宅で培養するものが主流でしたが、現在、販売されているものは瓶や缶に入ったものです。
海外ではスーパーでも気軽に購入できますが日本ではなかなか入手できず、輸入食品を扱うお店や輸入代理店などから購入している人が多いようです。

しかし、最近になって、日本でもコンブチャが販売されるようになり、それをモデルの山田優さんが紹介したことで、注目を集めています。
このコンブチャクレンズは、スタイリッシュな瓶に入っているのできのこっぽさは全くないのはもちろん、マキベリーやアサイーなどのスーパーフードを配合しており、マンゴー味で飲みやすさもバツグンです。

今なら1000円の最安値!気軽に燃焼体質に改善スタート!

コンブチャクレンズ

コンブチャクレンズ
コンブチャクレンズの特徴
  • 女性にうれしい「葉酸+燃焼系ビタミンB群」
  • 乳酸菌配合だから、腸の調子を整えます
  • スーパーフードの栄養素が美容・健康を促進
価格 評価 備考
1,000円 全国送料無料

コンブチャクレンズの総評

コンブチャブームをけん引するヒット商品です。酵母菌にこだわり、新しい燃焼系デトックスを促進してくれます。オーガニック・スーパーフード・ボタニカルも配合で美容にも◎。葉酸も配合され、妊娠・授乳中の女性でも安心です。